1. トップページ
  2. 皮脂と毛穴が気になる人の洗顔・クレンジング

皮脂と毛穴が気になる人の洗顔・クレンジング

女性の皮脂過剰改善には、インナードライ(乾燥)の改善が不可欠です。

しかし、保湿することでニキビ、毛穴の開きが逆にひどくなることがあります。

それが、毛穴の詰まりです。

皮脂が多い、さらにインナードライとなると、古い皮脂と角質がよく作られ、毛穴の奥から詰まらせてしまいます。

この詰まりがある状態で保湿をすると、肌全体的には綺麗になるものの、毛穴のつまりがひどくなってしまい、ニキビができたり毛穴のポツポツが目立つようになります。

保湿してもダメ。しなくてもダメ。ちょっと!どうすんのよ!?

まるで八方ふさがりに思えますが、単純に毛穴をスッキリさせてから保湿すればいいだけです。

毛穴が詰まっているところに、さらに上から保湿してフタをすれば、皮脂の行き場がなくなって毛穴が炎症を起こしたり、毛穴を押し広げるのは当然です。

待て待て待てー!毛穴をスッキリさせると肌が乾燥させるって聞いたぞ!

正解です。大正解!

毛穴をスッキリさせるケア、

  • 毛穴角栓シートパック
  • オイルクレンジング
  • 毛穴スッキリ洗顔
  • 爪で押し出す

どれも毛穴が綺麗になりますが、肌が乾燥したり傷つく原因となります。

特に毛穴パックは最悪。あれは100%無駄で逆効果です。

最近だとオロナインパックというのもあるようですが、あれも肌が乾燥します。

角栓を引っ張りだすときに、健康で問題ない角質を剥がしてしまいます。その角質にはセラミドがたくさんあるのに、自ら剥がして乾燥させてしまいます。

毛穴の角栓というのは皮脂と角質が混ざったものです。つまり脂質。だからオイルに溶けるためクレンジングは角栓を溶かすものの、脂質であるセラミドも溶かしてしまいます。

毛穴スッキリ洗顔もそうです。多くの人が洗いすぎてしまい、同じくセラミドを減らしてしまいます。

だったら無理じゃん!毛穴が詰まっている人は保湿できないの?

ようは、肌のセラミドをなるべく減らさずに毛穴をしっかり綺麗にできればいいだけです。

角栓を無理やり引っ張りだしてもダメ。

溶かしてもダメ。

この2つをクリアしつつ綺麗にするには完璧には無理です。

ただ、この2つの条件を半分づつクリアすれば、十分毛穴は綺麗になりつつ、セラミドを失わずに済みます。

ほどほどに角栓を柔らかくして、周りの皮膚に負担を与えすぎない程度に引っ張りだす。そんな毛穴ケアが理想ですね。

そんな都合のいい洗顔やクレンジングってないでしょ?

100%ピッタリとまで言えませんが、いろいろ試してみた結果、これはかなり100%に近いと思えるものが見つかりました。

リ・ダーマラボのモイストクレンジングゲルです。

  • ほぼ100%が美容成分
  • 多数の保湿成分配合
  • 赤ちゃんスポンジのこんにゃくスクラブ
  • 泡立たない馴染ませるだけ
  • W洗顔不要
  • メイク落ちもバッチリ

非常に変わったクレンジング洗顔ゲルです。

毛穴よごれは脂質性のため、同じく脂質性のある美容成分・保湿成分によって柔らかくなります。

オイルのような強力な力はないものの、肌に潤いを与えつつ角栓を柔らかくするため、非常にマイルドに毛穴を掃除しやすくなります。

その柔らかくなって抜けやすくなった角栓を、こんにゃくスクラブが絡めとるようにして引っ張り出します。

肌の上で転がすと、一見刺激が強いように感じますが、赤ちゃん用のスポンジに使われる素材のため、意外に肌を痛めません。

それでいて、毛穴がびっくりするくらい綺麗になります。そして乾燥しない。

この洗顔とセラミド保湿の組み合わせで、常に丸い毛穴が見えていたのがほとんど分からなくなるまでに。当然ニキビもほとんどできなくなり、毛穴が綺麗になったのを強烈に実感しています。

この洗顔クレンジングゲルの使い方のポイントは、あくまで肌に馴染ませ、手とこんにゃくスクラブだけが軽く接している状態で使うこと。極力弱くです。それでバッチリ古い皮脂も角質も落ちます。

ちゃんと丁寧に使えば皮膚が薄い敏感肌なのに毛穴が目立っている。そんな人も満足できるはずですよ。

リ・ダーマラボ モイストクレンジングゲル(もう1本無料)はこちら